私たちのエコキャップ収集活動

 エコキャップ(ペットボトルのふた)は地球環境という面では決して大きなものではありません。それよりも道端に投げ捨てられた空き缶やペットボトル、ビニールのゴミ袋など容量の大きなものが重要でしょう。もちろん私たちはそういう物も見つければ拾ってゴミ箱へ入れますし、ライオンズクラブでは清掃例会と言って定期的に一定の時間を割いてそういう活動をしています。ペットボトルの蓋は、神奈川県の女子高生の発言から始まって、エコキャップ推進協会が設立され、NPO法人として認可され世界の子供にワクチンをの呼びかけと被災地支援活動という事で、全国へその輪が広がりました。私たちも2010年頃から平良内科の職員と患者さんとで集め始め、第1回は集めたキャップをエコキャップ推進協会の関連業者に引き取りに来てもらう事から始まりました。45kgの浜松市指定のゴミ袋10袋に80sのキャップを集め、受領書とワクチン40人分になりましたという報告を頂きました。1kgはペットボトルキャップ400個に相当するようです。ところが2回目からエコキャップ推進協会が提携業者を1社に絞り、1袋432円の回収袋を購入しなければならなくなりました。今はアマゾンなどでも回収ボックスが6000円ぐらいで売られていますが、1袋に入るキャップは引き取り業者によって8円から最高80円、それって袋を売る詐欺じゃないでしょうか?エコキャップ推進協会についても良からぬうわさが多数あり、特に中立的客観的で信用できる「ウイキペディア」の記事を紹介したいと思います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/エコキャップ運動



その時点で色々調べてFM静岡とイオンが無償で取次ぎをしてくれるということで近くのFM静岡にお願いする事にしました。しばらく溜まっていたので当然1回目やり大量だったと思いますが、運搬をお願いした当時の事務長さんが事務職トップの人間にあるまじき受取書を貰わないで届けてきましたで帰ってきてしまって、重さも何もわかりません。以後、これに懲りて当院の車いす用の体重計であらかじめ測って持っていくようにしています。3回目から遠州みみの里も会員に収集を呼びかけたくさん集めてくれるようになりました。業者も浜北の中部カレットが1s5円で引き取ってくれるという事でそこへ運んでいました。
第3回:80kg  400円
第4回:75s  375円
第5回:79s  375円
第6回:89s  450円
第7回:150s 750円
第8回:87s  435円
しかし、この会社も今年4月から、コロナ禍や社会情勢の変化でエコキャップの価格が急落したという理由で1kg1円という運ぶためのガソリン代にもならない事を言ってきました。この会社のホームページを紹介します。

http://www.chubu-cullet.jp/category/2019411.html
エコキャップ推進協会同様、奉仕活動はしているようですが少し眉唾な面も感じましたのでまたいろいろ調べています。

第9回は95sでしたが、1s1円で95円でした。ここまでのお金はみみの里の仲間の工賃などに使ってもらってきました。

今のところ一番信用できそうなのは、「世界の子供にワクチンを日本員会」という団体です。この団体は回収袋や回収ボックスを売ったりはしていません。提携業者に主に持ち込みで引き取ってもらい、お金を頂いてこの委員会に寄付するという仕組みの様です。残念ながら静岡県西部地区には提携業者が無く、県東部に偏っているようですのでもう少し考える必要がありそうです。昨日、みみの里とあゆむ会の土屋事務局長から連絡があり、磐田市の小学校で引き取って欲しいとの依頼があったという事で、この為にもしっかりした使い道を学校側へ伝えられるようにしなっければいけません。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%AB%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%92%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A
ウェブサイトhttps://www.jcv-jp.org/

また、この委員会の提携業者の引き取り価格は1s5円と10円ですが、エコキャップ推進協会によると業者に1s15円で売却し、業者はそれを粉砕したチップやペレットにしたものを1s100円で販売しているらしいとの事。通常のポリ絵地位連やポリプロピレンの価格は1kが足り216.5円から218.0円(日経商品指数:2011年5月末)とのおことで業者がもうけ過ぎの疑いもあるようです。