浅田むつみ園居宅介護支援センター管理者(所長)
田宮 由美江 春の挨拶

  今年は、ひときわ寒い冬だったといって良いでしょう。3月早々に時を得たような春一番も吹きました。これから4月。桜も咲き始めました。今週末には桜も満開となり、お花見でにぎわうことでしょう。
また、昨秋は、全国的にみかんが不作の年で、高騰しましたね。私のみかん畑も収穫は少なく見た目も不細工で、人にあげられるような出来栄えではありませんでした。それでも娘たちや孫がおいしいと言って食べてくれると嬉しいもので、今年こそ頑張ろうと意欲がわいてきます。昨年3月に植えたザボンと晩白柚は順調に大きくなっていますが、まだ私は友人に頂く身です。早く収穫できるといいのですが・・・。半面、春になり暖かくなれば、またまた雑草や虫との戦いに・・・(やっぱり農家の人はすごいなあ)。今年は除草シートをもっと張ろうかと思っています。(草取りが大変で・・・)
そして、この農作業の他にひそかに、水彩画(休み休みで、5年ぐらいになるでしょうか・・・)を続けています。みかんの作業もそうなのですが、何かに集中すると、日ごろの面倒なことも忘れ、没頭できるのがいいところです。書いている間は本当に何も考えない自分があります。上手でなくても、「個性的」、「躍動感があるね」など、褒めて貰えるのがうれしいものです。7月初旬に、数人の有志で、絵画展をすることになりました。マインシュロスの展示コーナーで行います。(ちょっと、恥ずかしい・・)よろしければ、お立ち寄り下さい。m(-。・)m。
H29年度より移行した、新総合事業。事業対象者も受け入れるようになっています。今回の改正でも厳しいなと、つくづく思います。介護保険は一体どうなってしまうのか不安は尽きません。
当居宅としては、伝達会議として、困難事例や悩んでいる事例のケース検討も行いながら、皆で考え、アドバイスもできる取り組みを行っていきたいと思います。自立支援の視点に立った質の高い居宅を目指して行きたいと思います。



平良内科介護保険施設へ戻る