浅田むつみ園居宅介護支援センター管理者(所長)
田宮 由美江 春の挨拶

  本日は(3月20日)20℃まで日中気温が上昇するそうです。桜の開花も例年よりも早いと言います。今日のような気温であれば、つぼみも膨らむでしょう。アッという間に桜前線が北上し、桜も咲き始めます。来週末には桜も満開となり、お花見でにぎわうことでしょう。いい季節です。
H31年度、新元号が始まるまで、平成は1か月です。契約などすべての様式を書き換えなければなりません。個人的には元号は日本に根付いており、好きなのですが、こうした場合不便ですね。5月からスムーズに機能できるように、気を配って、整えなければなりません。いろいろな業種の方たちが4月の元号が決まったとたんに大忙しになることでしょう。
個人的には、私の借りているみかん畑、収穫は少なく見た目も不細工で、さみしかったです。豊作と言われた昨年、それにも関わらず、まだ、木々も発育の途上ということで・・・。ザボンや晩白柚は順調に大きくなっていますが、まだ私は友人に頂く身です。これからは、雑草や虫との戦い、草取りが大変な、春、夏を迎えます。
今回の改正には、医療でのリハビリテーションから介護保険での通所リハビリテーション・訪問リハビリテーションへの移行があります。移行期間、利用者様の理解の混乱が起こるのではないかと心配されます。当院でも、昨年11月に、半日型の通所リハビリにリニューアル、利用者様も増えてきました。皆さんの意識は高く、リハビリへの取り組み意欲も高いです。
当居宅は、1月に若さいっぱいの森下ケアマネを迎え、5人体制となりました。伝達会議として、困難事例や悩んでいる事例のケース検討も行いながら、皆で考え、アドバイスもできる取り組みを続けています。変わらず自立支援の視点に立った質の高い居宅を目指しています。



平良内科介護保険施設へ戻る