医療画像デジタル化と院内コンピューターネットワーク

平成9年 (1998) 12月17日  レントゲンフィルムの電子保存化開始(MAPLE)
平成10年(1999)  1月 4日 眼底写真の電子保存化開始
平成10年(1999)  7月16日 デジタル心電計導入、供用開始
平成10年(1999)  8月    電子カルテソフト「ドクターソフト」導入
平成10年(1999) 12月 1日 同ソフトをレセプトソフト部分のみ供用開始
                   電子カルテ部分の改造を試みるが失敗
平成13年(2001)  9月 1日 本格的電子カルテ供用開始

 カルテは誰のもの? 今のところ、法的には各医療機関の物ですよね。守秘義務もあって原則持ち出し禁止です。このため、本人ですら知ることが出来ず、無駄な検査を繰り返し受けることも多かった。母子手帳から、学童検診の記録、職場の健診記録、各医療機関での受信記録、老人健診など市の健康診査の記録。これらが一連のものとしてそれぞれの機関と共に本人が管理し、必要に応じて必要なだけ自己責任の元に医療機関に提示して診療を受けることができれば、私たち医師にとってもより正確な診断に繋がる情報がいち早く得られ、無駄な時間を節約し、検査や薬もだぶることなく医療費の有効活用が出来るはずです。

 私は検査結果についてはこれまで検査センターに2部ずつ結果報告の伝票を届けてもらい、1部はカルテに貼り、1部は本人に赤のボールペンでしるしをつけながら説明した後、持って帰って保管して貰うという方法をとってきました。2階にある理学療法室に行く患者さんには本人にカルテを持たせて2階へ行って貰い、理学療法士に必要事項を書き込んでもらってまた本人が持って戻り会計をするという形です。心電図もコンピューターの大型画面で一緒に見ながら説明してきました。

 しかし、カルテは慣れ親しんだドイツ語というかカルテ語で書く方がどうしてもスピードが速く、なかなか日本語で書くのは、外来の患者さんが多くて、漢字は時間がかかってとても難しい。だからこのままでは開示しても読めないでしょう。他のドクターにすら読めないかもしれない。というかおそらく読めない。時には後から自分でも何と書いてあるのかわからないことだってあるではありませんか。こんなことではいかんのです。

 何とか時間をかけずに、日本語で、それに誰にでも読める活字でカルテを書くべきだとずーっと思っていました。しかしなかなかそういうソフトにめぐり合えない。自分で作ろうという試みもしてきました。時間の制約もあってそれもうまくいかなかった。今度ようやくこれならいいかなあというソフトにめぐり合いました。やってみます。細かいところはいろいろ不満もありますが、今のところうまくいっています。患者さんと一緒にカルテを見ながら入力し、説明しています。いつでも見学OKです。

平良内科医療施設へ戻る