おおるり三島居宅介護支援センター
 
管理者 白石 晴久  夏の挨拶

 今年の梅雨入りは例年より早かったようですね。梅雨はジメジメして嫌な季節です。また、気温と湿度が上がると食中毒や熱中症も心配されます。皆さんお身体には気を付けてお過ごしください。そして梅雨が過ぎると本格的に夏がやってきます。夏といえば何が連想されるでしょうか?海開き、山開き、花火大会、キャンプ、高校野球、お盆休み、終戦記念日etc…
色々と思い浮かびますね。個人的には夏は苦手なのですが、明るいイメージが多いのも事実です。今年の夏も明るく元気に乗り切りましょう。
さて、話しは変わりまして、当施設の案内もさせて頂きます。おおるり三島居宅介護支援センターは、デイサービスとサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)という2種類の施設が併設されています。デイサービスは知っているという方は多いとは思いますが、サ高住って何??という方も多いのではないでしょうか。
以前も説明させてもらった事があるのですが、大事な部分なので再びサ高住の説明を行います。サ高住というのは"住宅"という単語が使われている事からも、特別養護老人ホームの様な施設ではなく、賃貸住宅という括りになっています。その為、従来の施設で行われている様な手厚い介護を期待されると、ちょっと違うな?と感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、日常生活上での自立度が高いものの、家族との同居が難しい、施設入所にはまだ早い、しかし独り暮らしは不安が多いなどとお考えの方には、施設よりも自由度の高いサ高住での暮らしは向いています。百聞は一見にしかず、と言う言葉もあります。おおるり三島では、随時見学受け付け中ですので、いつでもお気軽にお越し下さい。



平良内科介護保険施設へ戻る