スタッフ紹介(浅田地区)

医師・嘱託  1名(瓜内と兼任)
事務長   常勤1名
理学療法士  3名(1名常勤、2名は瓜内と兼任)
作業療法士 3名(瓜内と兼任)
正看護婦   3名    准看護婦  2名
管理栄養士  1名
介護支援専門員  5名(常勤兼務3名)
介護福祉士  17名(非常勤1名)
社会福祉主事 1名
2級ヘルパー  4名
音楽療法担当(音楽教諭免許) 4名(常勤1名、非常勤2名、瓜内兼務1名)
その他介護スタッフ  1名
情報処理・医療秘書  3名
運転手     3名


浅田むつみ園・施設長
浅田むつみ園デイサービスセンター管理者 
平良 むつみ 
                   夏の
挨拶

 梅雨真っただ中の今日この頃、先日の大阪の地震のあと日本中で悲惨な事件が後を絶たない毎日です.本当に悲しい事件が多すぎますね。。。地震大国日本に住んでいる限りいつ大きな地震に遭遇するかもわからない常に覚悟をして生活しないといけないとは思いますが、事件だけは違います。新幹線に乗って隣の人を気にしなくてはいけないなんて寂しすぎますね。。もっと日本の治安はよかったはずですよね。
話は代わりますが、平良内科の介護の原点のうりうちデイケアが大きく変わります。介護保険が始まる前から老人デイケアとして通所リハビリを行ってまいりました。多いときは1日60人ぐらいの御利用者様をお迎えしてリハビリ、介護に取り組んでまいりました。最近は通所介護の施設でもリハビリと銘打ってやる施設が多くなり通所リハビリの良いところ医療との連携、医師の見守りの元でリハビリを行うことの大切さを今一度見直してみようということになりました。幸い当法人には通所介護施設が2か所あります。浅田むつみ園デイサービスセンターは寝たきりの人でも入浴できる特浴機を備え、日常生活動作の訓練、レクレーション、脳トレなどに重点を置いた通所施設、おおるり三島デイサービスは毎日のように違うカルチャレッスン(書道、ヨガ、エアロビなど)を取り入れた通所施設です。
そこでうりうちデイケアは来年度に向けて高齢者が要介護状態にならない体つくりができる施設を目指していこうと変わっていきます。いろいろとご不便をおかけするかもしれませんがなにとぞご理解いただきたくよろしくお願いいたします。




浅田むつみ園ショートステイ管理者(所長) 兼 管理栄養士
 寺田 惠子  夏の挨拶

  皆様、お元気でお過ごしでしょうか?いよいよ、暑い夏がやってきます。今年も、5月や6月にも猛暑日と予想される日がありました。実際に本当に、暑い日がありましたね。扱ったり、又、気温が低い日があったりと、過ごしにくい日があります。そんな気分を吹き飛ばそうと、浅田むつみ園では、スイカ割りを行う計画をしています。恒例の流しそうめんもあります。せっかく、四季がある日本にいるのですから、暑い夏も楽しみたいですね。     先日、自宅で枝豆を茹でて、食卓に乗せました。やはり、旬の食べ物の美味しさは、格別で、いつも、お喋りばかりしている孫が、黙々と枝豆を口に運んでいました。美味しく食べることは、本当に、元気の秘訣です。皆様も、美味しい夏を楽しんで、暑さを乗り切ってください。




浅田むつみ園第二居宅介護支援センター管理者(所長)

石川 進 夏の挨拶


 

 この原稿を書かせて頂いている6月下旬は、梅雨の真っただ中ではあるのですが、日によって晴れて暑くなったり、雨が降ったりとはっきりしない天気が続いています。今のところ豪雨はありませんが、湿度はあるので、不快指数も高い気がします。食品もわるくなりやすいので、消費期限には充分注意しましょう。今年の梅雨は短く、明けた後、例年以上に暑くなる、との情報もあります。トイレに行くのが大変なので、つい水分を摂るのを控えてしまう、という方は多いと思いますが、脱水は思わぬ症状を引き起こす事もあり、非常に危険です。いっぺんにたくさん飲まなくて良いので、面倒でも、こまめな水分補給を心がけましょう。季節の変わり目で、不快指数も高いせいでしょうか、私の利用者様の間でも、短期間の入院が増えています。私たちケアマネも、入退院時のこまめで有効な医療連携によって、利用者様が適切な治療を受けられ、退院後の在宅生活を安心して送って頂けるよう、支援していきたいと考えています。


※各施設管理者の紹介は各施設のコーナーにも掲載しました。

平良内科介護保険施設へ戻る