瓜内スタッフ紹介

医師    常勤1名、非常勤1名
事務長   常勤1名
理学療法士  常勤3名
作業療法士  常勤4名
正看護婦   3名  准看護婦  3名(非常勤1名)
管理栄養士  1名(浅田と兼務)
介護支援専門員  8名(常勤7名、常勤兼務1名)
介護福祉士  13名
1級ヘルパー 1名(非常勤1名)
2級ヘルパー 2名(非常勤1名)
福祉住環境CN2級  3名
福祉住環境CN3級  0名
福祉用具専門相談員 2名
音楽療法担当(音楽教諭免許) 常勤1名、非常勤2名
保母資格  1名  養護教諭資格 1名
その他介護スタッフ  0名
医療秘書    7名
運転手(パート) 3名

平良内科院長・法人理事長 平良 章  夏の挨拶

  いよいよ夏本番ですね。今年は医療保険、介護保険の同時改定があり、私たちのデイケアも生き残りをかけ、「フレイル(要介護前状態・要支援)を要介護にしない、要介護になった人を何とかフレイル(要支援・要介護前の状態)に引き戻そう」を合言葉に組織の改編を行います。午前・午後の3時間ずつの2部制とし、スポーツジム感覚でトレーニング・リハビリテーションに取り組んでいただきたいと思います。団塊の世代が70歳以上に突入していく中、元気な高齢者で社会を活性化していきたいとの願いもあります。ぜひ、多くの方々の賛同が得られればと願っています。1月1日スタートに向け、まず土曜日を休止、8月末でお風呂と昼食を中止して、徐々に午前、午後お半日ずつの体制に移行していきます。  
【うりうちデイケアのリハビリツール】
要介護、要支援からの改善〜フレイルからも脱却。最終目標は健康体
□ レッグエクステンション・フレクション  □ アブダクション・アダクション  □ レッグプレス □ ローイング・チェストプレス  □ エアロバイク□ サンディング  □ 平行棒内歩行 □ 階段訓練  □ 段差昇降 □ マイクロ波  □ ホットマグナー  □ イージーウォーク  □ 屋内外歩行訓練(階段有)  □ マット運動  □ 集団 ヨガ 運動
□ 集団 上肢 訓練  □ 集団 下肢 訓練  □ 集団 ボイストレーニング  □ 準備運動  □ Dr. メドマー □ 手指訓練 □ リラクゼーション □ セラバンド □ バランスボール □ 体力測定  □ ソフトウェイトボール □ ストレッチ・エクササイズ  □ 徒手訓練 □ フラットウォーク  □ 囲碁、将棋、麻雀、花札、オセロなど □ 脳トレ(朗読、パズル、数独など)  □ 言語療法(発声、カラオケも)□ 作業療法(塗絵、貼り絵、作品作りなど)
など など など と増やしていきましょう。
この中から個人、個人にあったプログラムをチョイスしてそれぞれの個人メニューを作ります。3時間のうち、正味2時間以内、トイレ休憩、お茶タイム、会話を楽しむ時間など織り交ぜて、無理なく、楽しくやりましょう。







法人事務長うりうちデイケア管理代行 近持 篤 夏の挨拶

  皆さんこんにちは、うりうちデイケア管理代行兼事務長の近持でございます。今年は暑い日涼しい日がめまぐるしく変化しているのですが、皆さん体調の方はいかがですか?スタミナミナのあるものをしっかり食べて、水分を十分にとって暑さを乗り切ってください。御高齢者はエアコンをあまり入れたがらずに、むかし暑さをしのいだように過ごされる方が結構多いのですが、年齢と共に脱水症状に陥る危険性が非常に高くなるので、適温の中で過ごされることと、水分補給を是非ともお願い致します。
 さて、うりうちデイケアも介護保険法改正に伴い、来る平成31年1月1日より、午前午後2部制に変更します。その変更に向けて少しずつ準備を始めておりまが、これは急激な変化だとご利用者様やケアマネさんが即対応が出来ないことを防ぐためのものです。皆様にはたいへん御心配と御迷惑をおかけ致しますが、ご協力よろしくお願い致します。国の政策上ますます皆様が介護保険を利用する事に対し制限を加えたり、介護認定の調査自体の基準を厳しくしたりという具合に利用しづらくなりますが、皆様の健康と長寿を願い日夜精進致しますので、うりうちデイケアをよろしくお願い致します。



リハビリ部門長うりうちデイケア管理代行補佐 野田 慎之介 夏の挨拶

  7月に入り、日差しの強い暑い季節になりました。夏に特に注意が必要になるのが熱中症ですね!
熱中症で深く関わるのが水分量ですが、高齢の方を中心に水分補給の可能な自宅内でも脱水症状になる事例も多くあります。高齢になると体に蓄えられる水分が減り、頻繁に水分補給をしなければならなくなりますが、喉の渇きを感じにくくなることや足腰の痛みでトイレの回数を減らすために意図的に水分量を減らしてしまう、エアコンを使用しないなどの要因で水分を摂らなくなってしまいます。
さらに、体内の水分や塩分の調整機能も低下してきているので、体調を崩しやすくなります。1日に必要な水分量は高齢の場合で体重kgあたり40mgが必要と言われます。水分は食事からも多く摂られることを差し引いても定期的に水分を摂ることを心掛ける必要があります。




浅田むつみ園居宅介護支援センター管理者(所長)
田宮 由美江 夏の挨拶

  今年は、ひときわ寒い冬だったといって良いでしょう。3月早々に時を得たような春一番も吹きました。これから4月。桜も咲き始めました。今週末には桜も満開となり、お花見でにぎわうことでしょう。
また、昨秋は、全国的にみかんが不作の年で、高騰しましたね。私のみかん畑も収穫は少なく見た目も不細工で、人にあげられるような出来栄えではありませんでした。それでも娘たちや孫がおいしいと言って食べてくれると嬉しいもので、今年こそ頑張ろうと意欲がわいてきます。昨年3月に植えたザボンと晩白柚は順調に大きくなっていますが、まだ私は友人に頂く身です。早く収穫できるといいのですが・・・。半面、春になり暖かくなれば、またまた雑草や虫との戦いに・・・(やっぱり農家の人はすごいなあ)。今年は除草シートをもっと張ろうかと思っています。(草取りが大変で・・・)
そして、この農作業の他にひそかに、水彩画(休み休みで、5年ぐらいになるでしょうか・・・)を続けています。みかんの作業もそうなのですが、何かに集中すると、日ごろの面倒なことも忘れ、没頭できるのがいいところです。書いている間は本当に何も考えない自分があります。上手でなくても、「個性的」、「躍動感があるね」など、褒めて貰えるのがうれしいものです。7月初旬に、数人の有志で、絵画展をすることになりました。マインシュロスの展示コーナーで行います。(ちょっと、恥ずかしい・・)よろしければ、お立ち寄り下さい。m(-。・)m。
H29年度より移行した、新総合事業。事業対象者も受け入れるようになっています。今回の改正でも厳しいなと、つくづく思います。介護保険は一体どうなってしまうのか不安は尽きません。
当居宅としては、伝達会議として、困難事例や悩んでいる事例のケース検討も行いながら、皆で考え、アドバイスもできる取り組みを行っていきたいと思います。自立支援の視点に立った質の高い居宅を目指して行きたいと思います。






浅田むつみ園ショートステイ管理者(所長) 兼 管理栄養士
 寺田 惠子
  夏の挨拶
 
 皆様、お元気でお過ごしでしょうか?いよいよ、暑い夏がやってきます。今年も、5月や6月にも猛暑日と予想される日がありました。実際に本当に、暑い日がありましたね。扱ったり、又、気温が低い日があったりと、過ごしにくい日があります。そんな気分を吹き飛ばそうと、浅田むつみ園では、スイカ割りを行う計画をしています。恒例の流しそうめんもあります。せっかく、四季がある日本にいるのですから、暑い夏も楽しみたいですね。     先日、自宅で枝豆を茹でて、食卓に乗せました。やはり、旬の食べ物の美味しさは、格別で、いつも、お喋りばかりしている孫が、黙々と枝豆を口に運んでいました。美味しく食べることは、本当に、元気の秘訣です。皆様も、美味しい夏を楽しんで、暑さを乗り切ってください。



※各施設管理者の紹介は各施設のコーナーにも掲載しました。

平良内科介護保険施設へ戻る