瓜内スタッフ紹介

医師    常勤1名、非常勤1名
事務長   常勤1名
理学療法士  常勤3名
作業療法士  常勤4名
正看護婦   3名  准看護婦  3名(非常勤1名)
管理栄養士  1名(浅田と兼務)
介護支援専門員  8名(常勤7名、常勤兼務1名)
介護福祉士  13名
1級ヘルパー 1名(非常勤1名)
2級ヘルパー 2名(非常勤1名)
福祉住環境CN2級  3名
福祉住環境CN3級  0名
福祉用具専門相談員 2名
音楽療法担当(音楽教諭免許) 常勤1名、非常勤2名
保母資格  1名  養護教諭資格 1名
その他介護スタッフ  0名
医療秘書    7名
運転手(パート) 3名

平良内科院長・法人理事長 平良 章  春の挨拶

  ゐぬ、逃げる、去るの1,2,3月はあっという間に過ぎ、近年早くなった桜も散った4月を迎えました。私たちの ろう・聴覚障害作業所「遠州みみの里」も笠原新施設長を迎え、新年度をスタートさせました。その啓蒙と資金稼ぎのためのイベントの開催資金を捻出してきた平良内科チャリティゴルフ大会も今年は35回大会となりますが、第1回から開院した8月に行ってきたのを、年々激しさを増す猛暑を避けて、今年は10月に行うことと致しました。ゴルフ人口も減りつつあり、参加者もじり貧ですが、10月ということで期待しています。ゴルフをなさる方、お一人でもグループでもぜひご参加ください。







法人事務長 近持 篤 春の挨拶

  皆さんこんにちは、桜咲く春本番のこの頃、いかがお過ごしでしょうか?桜は温度に非常に敏感で、ちょっと暖かくなるともうすぐに咲いてしまうので、見ごろがとても難しいなといつもながらに感じます。
さて、この4月は、年度という観念で行くとスタートの月です。本年度は介護保険法がますます厳しくなりいろいろな意味で良いアイデアや良い取組みをもって介護施設の運営に当たらなければと思います。
うりうちデイケアでは、月に一度の無料体験会を行い、自費通所システムを構築して、「本当にリハビリテーションが必要な方に、無理なく楽しくそれでいて確実に成果を上げる事が出来るカリキュラムを!」とスタッフ一同、日夜努力をしております。今以上に半日通所を充実させて、時代のニーズにお応えすべく頑張って参ります。本年度の医療法人社団浜松平良内科運営の介護保険施設にご期待下さい。



うりうちデイケア管理代行リハビリ部門長 野田 慎之介 春の挨拶

  気候も暖かくなり、外で行楽を楽しむことや、運動を行いやすくなってきました。
しかし、冬の寒さで動くことが少なくなった身体は筋肉が縮んでいることや、柔軟性が低下していることもあり、急に身体を激しく動かしてしまうと思わぬ怪我に繋がってしまうこともあります。そのためにもまずはストレッチで身体をほぐすことが大切です。
また、ストレッチによって血行促進、リンパ管への圧迫も改善され、疲労物質が排出されなくなり、疲れにくくなります。
ストレッチは食後30分以内を避けて、およそ15〜30秒程度を目安に無理のない程度に筋肉が伸ばされた状態をしばらく保持します。頻度としては1日に1回、入浴後や寝る前のリラックスタイム、スポーツ前後がよいとされています。




浅田むつみ園居宅介護支援センター管理者(所長)
田宮 由美江 春の挨拶

  本日は(3月20日)20℃まで日中気温が上昇するそうです。桜の開花も例年よりも早いと言います。今日のような気温であれば、つぼみも膨らむでしょう。アッという間に桜前線が北上し、桜も咲き始めます。来週末には桜も満開となり、お花見でにぎわうことでしょう。いい季節です。
H31年度、新元号が始まるまで、平成は1か月です。契約などすべての様式を書き換えなければなりません。個人的には元号は日本に根付いており、好きなのですが、こうした場合不便ですね。5月からスムーズに機能できるように、気を配って、整えなければなりません。いろいろな業種の方たちが4月の元号が決まったとたんに大忙しになることでしょう。
個人的には、私の借りているみかん畑、収穫は少なく見た目も不細工で、さみしかったです。豊作と言われた昨年、それにも関わらず、まだ、木々も発育の途上ということで・・・。ザボンや晩白柚は順調に大きくなっていますが、まだ私は友人に頂く身です。これからは、雑草や虫との戦い、草取りが大変な、春、夏を迎えます。
今回の改正には、医療でのリハビリテーションから介護保険での通所リハビリテーション・訪問リハビリテーションへの移行があります。移行期間、利用者様の理解の混乱が起こるのではないかと心配されます。当院でも、昨年11月に、半日型の通所リハビリにリニューアル、利用者様も増えてきました。皆さんの意識は高く、リハビリへの取り組み意欲も高いです。
当居宅は、1月に若さいっぱいの森下ケアマネを迎え、5人体制となりました。伝達会議として、困難事例や悩んでいる事例のケース検討も行いながら、皆で考え、アドバイスもできる取り組みを続けています。変わらず自立支援の視点に立った質の高い居宅を目指しています。






浅田むつみ園ショートステイ管理者(所長) 兼 管理栄養士
 寺田 惠子
  春の挨拶
 
 今年の冬は、インフルエンザの流行に注意しましたが、おかげ様で施設内での大流行はなく、ホッとしているところです。でも、高齢の利用者様には、寒さは厳しく、体調不良を訴える方が多かったように感じます。やっと春になりました。植物の芽生えと共に、美味しい食べ物も出てきますね。早く、筍ご飯が食べたいと心待ちにしています。食べることが基本ですから、皆様もしっかり食べて、暑い夏を乗り切る体力をつけておきましょう、ショートステイでは、施設に入所できる方が増えてきて、利用者様の入れ替わりが増えてきました。「泊まる」 ことはハードルが高いと感じることは、多いですが、こちらでは、皆様、ご自宅に居るよりも、お元気にお過ごし頂いていると思っています。是非、一度、見学にいらしてください。お待ちしています。



※各施設管理者の紹介は各施設のコーナーにも掲載しました。

平良内科介護保険施設へ戻る