スタッフ紹介(平良内科全体として)

医師    常勤1名、非常勤1名
事務長   常勤1名
理学療法士  常勤2名
作業療法士  常勤3名
柔道整復師  常勤1名
正看護婦   3名  准看護婦  6名
管理栄養士  1名(浅田と兼務)
介護支援専門員  11名(常勤7名、常勤兼務4名)
介護福祉士  24名(パート1名)
1級ヘルパー 1名
2級ヘルパー 4名
福祉住環境CN2級  3名
福祉住環境CN3級  0名
福祉用具専門相談員 2名
音楽療法担当(音楽教諭免許) 常勤1名、非常勤2名
保母資格  1名  養護教諭資格 1名
その他介護スタッフ  3名(パート7名)
医療秘書    7名
運転手(パート) 3名

平良内科院長・法人理事長 平良 章  春の挨拶

  桜の開花も年々早くなるようですね。三寒四温、一雨ごとの温かさといった春の訪れを感じる今日この頃ですが皆様にはいかがお過ごしでしょうか?今年は医療・介護の同時改定があり、すでに介護事業者の廃業のお知らせがいくつか届いています。私たちのデイケアも、主治医の事細かな指示が必要とされ、それの要らないデイサービスがリハビリを全面に掲げて集客を図り、通所リハビリテーション施設としてのデイケアは存続の危機に立たされています。
 団塊の世代が70歳代にさしかかり、年金の支給開始年齢の引き上げ、年金支給額の減額、定年の引き上げで元気な限りいつまでも働くというのは健康のためには良いことでしょうが、余生を楽しむという言葉は死語となるのでしょうか?私自身もいつか仕事を離れたらボランティア活動をしながら、なかなか行けなかった旅行を楽しみ、平日のゴルフもしてみたいなどと夢見ていますが、夢で終わるのでしょうか?
 家族介護の限界が叫ばれ、社会全体で看ていこうということで始まった介護保険制度ですが、すでに経済的に破綻し、家族介護と施設介護の中間的存在として、サービス付き高齢者向け住宅のようなものが模索されているのだろうと思います。それがうまくいくかどうかもひとえに経済的な問題。どこまで年金支給額が下がり、その範囲内でのサービス提供が可能かどうかということになります。かくなる上はフレイル対策にしっかり取り組み、健康寿命と実際の寿命を限りなく近づけて、ピンピンコロリを目指すしかありませんかね。






事務長うりうちデイケア管理代行 近持 篤 春の挨拶

  皆さんこんにちは、桜咲く春本番のこの頃、いかがお過ごしでしょうか?今年は例年より大分早く桜が咲いてしまいましたね。
桜は温度に非常に敏感で、ちょっと暖かくなるともうすぐに咲いてしまうので、見ごろがとても難しいなといつもながらに感じます。
本年は介護保険改正で、我々事業所も非常に厳しい時代に突入致しました。営業内容もどこかのタイミングで大幅なリニューアルをすることになることでしょう。
うりうちデイケアは、今以上に半日通所を充実させて、時代のニーズにお応えすべく頑張って参ります。是非、うりうちデイケアのご利用を今まで以上によろしくお願い致します。




うりうちデイケア 管理代行補佐リハビリ部門長 野田 慎之介 春の挨拶

 厳しい寒さの続いた冬も終わり、暖かい春の陽気になりました。
暖かくなることで体を動かしたくなる方も多いかと思われますが、あまり動かなかった状態から急に激しい運動を行うと、けがをしてしまうことも少なくありません。なまってしまった体は時間をかけて慣らしていくことが必要です。
さらに運動や喫煙の習慣、血中の脂質の量、肥満、年齢等の要因や糖尿病、心筋梗塞、脳卒中等の持病がある場合はランニングを伴う運動は避け、速歩等の中程度の運動から始めて徐々にならしていきましょう。
そして、運動後にはストレッチやマッサージを行い、痛みのケアや体のメンテナンスをしっかりと行うようにすることも大切です。




浅田むつみ園・施設長
浅田むつみ園デイサービスセンター管理者
 
平良 むつみ 
                   春の
挨拶

 ここ数日暖かくやっと春の訪れを感じる今日この頃です。今年の冬はとても寒くあちこちで雪の被害が出たり浜松でも最低気温がマイナスのなったりと例年になく寒さを感じた冬でした。春はいいですね。。庭の草花が元気になり木の芽も冬眠していたすべてのものが顔を出してくれます。
しかし介護保険の事業者にはとても厳しい春になります。4月の改定でまたまた報酬がさがり、介護事業の明るい未来が見えないのが現状です。40歳以上の人全員が払う介護保険料も年々値上がりし払うのは大きいが利用しにくい介護保険になってきました。
介護保険の始まる前から老人デイケアとして在宅介護事業を展開してきた当法人は、通所リハ、通所介護、短期入所、サービス付き高齢者住宅、居宅介護支援事業所など平良内科に受診しながら在宅生活を送る中で支援を必要とする御利用者様、御家族様の声を聴きながらお手伝いをしてきました。
今後もできるだけ長く住み慣れた自宅で生活していきたい、医師の見守りの元で安心して通所、入所生活が送れる、そのお手伝いをする。自宅にいるのと同じように家庭的で明るい一日が送れるようにを基本にスタッフ一同頑張って御利用者様に対応していきたいと思っています。
私がいる浅田むつみ園は通所介護事業と短期入所施設があります。通所介護事業所はできるだけ長く自宅での生活が安全に自立して行えるように日常生活に沿った作業療法、園芸療法、機能訓練、屋外機能訓練、脳リハなどに取り組んでいきたいと思っています。特に今年はご利用者様、御家族様の希望を聞きながら介護計画に沿った屋外機能訓練に頑張りたいと思っています。




浅田むつみ園ショートステイ管理者(所長) 兼 管理栄養士
 寺田 惠子 春の挨拶
 

 
 寒い冬が終わり、4月がやってきました。今年の冬はインフルエンザの流行や、大雪など、予想をこえる出来事がありました。皆様の体調に変化はありませんでしたか?
我が家の家庭菜園では、毎年、美味しくできる大根が、今年は水気が少なく、残念な出来になってしまいました。大きくならないうちに、花が咲き始めています。自然の恵みの難しさを感じ出来事でした。春と共に、介護保険をめぐる状況も変化していきますが、私たちが行うことは、一つだけです。
ご利用者様の満足と、ご家族の笑顔をいただくための努力です。大切なご家族をお預かりしている。人生の大先輩と一緒に過ごさせて頂いていることを忘れずにこれからも頑張っていきたいと思います。今後もよろしくお願いいたします。




浅田むつみ園居宅介護支援センター管理者(所長)
田宮 由美江 春の挨拶

  今年は、ひときわ寒い冬だったといって良いでしょう。3月早々に時を得たような春一番も吹きました。これから4月。桜も咲き始めました。今週末には桜も満開となり、お花見でにぎわうことでしょう。
また、昨秋は、全国的にみかんが不作の年で、高騰しましたね。私のみかん畑も収穫は少なく見た目も不細工で、人にあげられるような出来栄えではありませんでした。それでも娘たちや孫がおいしいと言って食べてくれると嬉しいもので、今年こそ頑張ろうと意欲がわいてきます。昨年3月に植えたザボンと晩白柚は順調に大きくなっていますが、まだ私は友人に頂く身です。早く収穫できるといいのですが・・・。半面、春になり暖かくなれば、またまた雑草や虫との戦いに・・・(やっぱり農家の人はすごいなあ)。今年は除草シートをもっと張ろうかと思っています。(草取りが大変で・・・)
そして、この農作業の他にひそかに、水彩画(休み休みで、5年ぐらいになるでしょうか・・・)を続けています。みかんの作業もそうなのですが、何かに集中すると、日ごろの面倒なことも忘れ、没頭できるのがいいところです。書いている間は本当に何も考えない自分があります。上手でなくても、「個性的」、「躍動感があるね」など、褒めて貰えるのがうれしいものです。7月初旬に、数人の有志で、絵画展をすることになりました。マインシュロスの展示コーナーで行います。(ちょっと、恥ずかしい・・)よろしければ、お立ち寄り下さい。m(-。・)m。
H29年度より移行した、新総合事業。事業対象者も受け入れるようになっています。今回の改正でも厳しいなと、つくづく思います。介護保険は一体どうなってしまうのか不安は尽きません。
当居宅としては、伝達会議として、困難事例や悩んでいる事例のケース検討も行いながら、皆で考え、アドバイスもできる取り組みを行っていきたいと思います。自立支援の視点に立った質の高い居宅を目指して行きたいと思います。





浅田むつみ園第二居宅介護支援センター
管理者(所長)

石川 進 春の挨拶


 自宅の南側の団地に短い桜並木があります。数日前までつぼみだったのですが、今朝は咲き始めていました。現在は3月下旬なので、この分なら4月始めには満開、ひょっとすると散り始めているのではないでしょうか?昔は、桜と言えば入学式のイメージだったのですが、最近は卒業式に合わせて咲いている気がします。そういえばTVのCMやドラマなどでも、卒業式の場面で桜が挿入されているかもしれません。いずれにしても、身体に目を向けると、日によって寒かったり暑かったり、一日の中でも朝夕と日中の寒暖差が大きいので、体調管理には充分気を付けていきたいものです。今後ともよろしくお願いいたします。





おおるり三島平良内科デイサービスコミュニティ 管理者・作業療法士 小林 広治 春の挨拶

 早いものでもう4月、一年の4分の1が終わってしまいました。年々日々のスピードが速くなっているような気がします(悲
それだけデイサービスでの活動が充実しているのかな、と言い聞かせながら日々頑張っております。
 さて、今年の冬は例年になく寒い冬でしたね。寒さも厳しく、体調を崩された方もいらっしゃるのではないでしょうか。おおるり三島デイサービスの1〜3月は、1月に初詣、2月にイベントとして節分を行いました。また3月には喫茶店に外出をしています。なかなか寒い中外出のイベントを組むことができなかったので、皆さん少し運動不足でしょうか?(笑 三月の半ばぐらいから、信じられないぐらいの暖かい日が続き、一気に桜も開花してしまいましたね。昨年よりも早い時期にお花見を企画しましたが、さて桜は間に合いますでしょうか。次第に良い気候、過ごしやすい気候になってきて、屋外で体を動かすことも可能になってきます。おおるり三島デイサービスでも、可能な限り屋外に出て、体操や散歩など取り入れて、活動の幅を広げていきたいと思います。
 活動といえば、当デイサービスでは「作業活動」に力を入れています。季節に合った作品作りや掲示を行って、ご利用者様に季節の移り変わりを出来る限り感じていただいています。作業自体は大変なこともありますが、手指の訓練や脳トレの要素を十分にあるものです。苦手な方もいらっしゃいますが、その方の出来る事、を見つけて提供をしています。施設内や平良内科内にも展示をしていますので、是非ご覧ください!!
 最後に、平成30年4月から介護保険法の改正があり、デイサービスだけでなく、他の介護保険を使用している施設の内容や規定が変更になっています。私たちのおおるり三島デイサービスでは、利用料が少し下がります。それ以外では、特に新たな加算や減算の算定などはありません。利用料に変更があるため、重要事項説明書などの契約書類を新たに記入していただく必要があります。ご利用者様、ご家族様には4月以降になりますが、順次お知らせをしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。




おおるり三島居宅介護支援センター
管理者(所長)

白石 晴久 春の挨拶


 今年の冬の大寒波は凄かったですね。浜松では大きな影響は無かったようですが、北陸地方の大雪など大変だった地方も多かったと思います。
そんな冬も過ぎ去り、すっかり春らしい温かい季節となりましたが、皆さん元気にお過ごしでしょうか。暖かくなってきたとはいえ、季節の変わり目は気温も日々変動し、一日の中でも寒暖差もあり、体調管理が大切な時期です。
それでは皆さん、花冷えの折、くれぐれもご自愛下さい。
ここからは告知になります。
おおるり三島もついに、インスタグラムを始めました!!
主におおるり三島デイサービスの事柄が中心ですが、おおるり三島全体の日々の様子を少しずつ発信できればと思います。インスタグラムで「おおるり三島」と検索してみて下さい。
宜しくお願いします。


※各施設管理者の紹介は各施設のコーナーにも掲載しました。

平良内科介護保険施設へ戻る