(平成9年7月7日完成・使用開始)


平良院長の活字になった記録


アクセス、ありがとうございました。 (最終更新:平成21年2月20日)

番目におこしいただきました。
はじめに

 静岡県浜松市で内科診療所を開業しております平良(たいら)と申します。開業して27年目になりました。昭和63年度から浜松市医師会の理事を8年、続けて副会長を3年仰せつかり、同時に平成3年度から静岡県医師会理事を拝命し、公衆衛生、情報調査、学校保健、社会保険、広報を担当しましたが、ようやく平成11年4月からお暇をいただき家業に専念しております。パソコンとの出会いは、平成6年4月情報調査担当主任となり、古いNEC98のパソコンを引っぱり出して、NIFTY-ServeとPC-VANに入会、ハードディスクがなくフロッピィディスクでアクセスし始め、問屋スズケンさんの薦めでパソコン通信「浜松ドクターズネット」を構築。しかし、恥ずかしながら軌道に乗る前にインターネットのものすごい勢いの普及で、開店休業からついに閉店に追い込まれた状態です。

 静岡県医師会のホームページの開設に苦労し、なにしろスタート時点の予算が、会議などの諸経費も含めて約110万円。とても業者に頼れないことを承知での予算獲得で、初めから手作りを考えていたわけですが、年とともに物覚えは悪くなるし、肝心のものがどこへ行ったか、探しまくってパニックになる繰り返しで、説明書にも確かに蛍光ペンで、始めから終わりまで賑やかに印がしてあるのに全く読んだ記憶がなかったりと、こんなはずじゃなかったと情けない思いをしながら、なんとか作り上げ、続いて浜松市医師会のホームページも作ってしまいました。

 このページは決して自己PRのために作ったページではありません。県、市2つの医師会ホームページ作成の稽古をしながら試運転の意味で作ったページです。県理事、市副会長を辞めていったん引っ込めましたが、このたび私のオフィスのホームページを作るに際し、まずこのページを先駆けとして、リニューアルして掲載することにしました。自分のオフィスに手が回らなくなるまで医師会の仕事に追われた間の産物で今では懐かしい文書ばかりです。

 表記のリバティホールなど自分のオフィスの紹介も今は目次だけで、追々触れていくこととして、このページでは私が、これまでいろんな本や雑誌、機関誌、広報誌などに書いた活字の記録を順次載せてあります。まず、項目をならべ、おいおい中身のファイルが出来次第リンクして、お読みいただけたらと存じます。ご批評などいただければ幸いです


院長の独り言コーナー
中学時代の作文が見つかりました。
平成3年度(1991)以前
平成4年度(1992)
平成5年度(1993

平成6年度(1994)
平成7年度(1995)

平成8年度(1996)
平成9年度(1997)

平成10年度(1998)
平成11年度(1999)

平成12年度(2000)
平成13年度(2001)  この辺からあまり掲載できていません。
平成14年度(2002)
平成15年度(2003)
平成16年度(2004)
平成17年度(2005)

平成18年度(2006)  ここからはまだ追加掲載が出来ていません。
平成19年度(2007)
平成20年度(2008)
平成21年度(2009)

静岡県医師会報・編集後記
「予防しよう!こどもの病気」−県西部の感染症調査−静岡新聞連載記事
媒酌人挨拶と弔辞
私の経歴

メール アイコン
メール
トップ アイコン
トップ


空と文字(SEA)